正社員が審査に通りやすい

気になる融資の審査結果!その詳細とは

住宅ローンといえば、住宅を購入する際に多くの人が利用することになるのではないでしょうか。数千万円単位の預貯金を持ったいる人を除けば、多くの人が住宅ローンを借りることになるでしょう。
日本銀行のマイナス金利政策もあり、住宅ローンも活況を呈しているのが現状です。販売を手掛ける銀行などの金融機関には、多くの問い合わせや相談があるのも事実です。住宅ローンを借りる際には、当然ながら、審査を通過する必要があります。年収や職業、勤続年数などの項目が審査のポイントとなることは間違いありません。「正社員とパートではどちらかが融資を受けやすい?」という疑問を持つ人もいるかもしれません。基本的には、正社員の方が有利といえます。

正社員なら安定してる?

正社員の方が非正規雇用よりも審査を通過しやすいということは事実ですが、必ず審査を通過するとは限りません。万一、希望者に多額の借金があれば、審査を通過することはできないといえるでしょう。
「なぜ正社員の方が有利か?」と思う人もいるかもしれません。その点については、やはり、安定した収入があることが大きいといえるのではないでしょうか。毎月の一定額の給料に加えて、賞与が貰えるというのも、プラス材料です。厚生年金や健康保険などの各種保険に加入しているというのも生活を安定させる要因です。
一概にはいえませんが、正社員であれば、労働組合にも加入しているケースが多く、退職してしまうというリスクも限定的といえます。

© Copyright Mortgage Payment. All Rights Reserved.