信用情報に問題がないかチェック

クレジットカードを複数持っているなら注意

クレジットカードは、買い物の時に便利なサービスです。たくさん持つ必要はなく、主要ブランドで最低2枚ぐらいあれば十分です。しかし、最近はポイントを有効に貯めたいからとどんどんクレジットカードを作る人がいます。あまりクレジットカードをたくさん持っていると、住宅ローンを利用するときに借りられない時があるので注意が必要です。信用情報が調べられるとき、現在の借り入れ状況などが見られます。クレジットカードにはキャッシングサービスがあり、それぞれのカードに上限があります。審査では、実際にキャッシングをしていなくても上限額まで利用しているとみなして審査を行います。借入額が多くなっていると、住宅用として借りられる分が少なくなるかもしれません。

会社での勤務の仕方が見られる

ローン商品としてカードローンがあります。比較的利用しやすく、学生や主婦など正社員でなくても一定の収入があれば利用できます。では住宅ローンはどうかですが、さすがに学生や主婦などが利用するのは難しいでしょう。単に収入があるだけでなく、将来的にも継続して収入が得られる証明が必要になります。審査の時に見られる信用情報としては、会社での勤務の仕方があります。事前に自己申告などで記入を求められるかもしれません。社名であったり、勤続年数、さらに雇用形態なども記入します。勤続年数が少ないと、通らない可能性があります。雇用形態がアルバイト、パート、派遣社員などだと難しくなるでしょう。正社員なら可能性が高く、契約社員だと微妙かもしれません。

© Copyright Mortgage Payment. All Rights Reserved.